■児童虐待防止と児童養護施設の支援

2012年、横須賀市内の70団体、100人の実行委員と児童虐待といじめ防止の啓発事業・朗読劇「ハッピーバースデー」を開催しました。多くの市民が感動を共にし、その事業の継続的な働きを願いました。YMCAはその事務局として実行委員の有志とともに児童養護施設の支援活動を始めました。

 

2013年度は独立行政法人福祉医療機構(WAM)の社会福祉振興助成事業として行いました。

ダウンロード
独立行政法人福祉医療機構(WAM) 社会福祉振興助成事業報告書
助成事業実施報告書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 560.1 KB

◇児童養護施設に学生ボランティア派遣

2012年の夏より、県立保健福祉大学などの学生ボランティアを児童養護施設「しらかば子どもの家」に派遣する活動を始めました。


◇啓発事業 「葦牙」自主上映会&学習会の記録

東北の養護施設でたくましく成長する養護施設の子どもたちを描いたドキュメンタリー映画「葦牙」を上映いたしました。(2014.2.22)

>>詳しくはこちらへ


◇朗読劇「ハッピーバースデー」2012横須賀公演の記録

横須賀から児童虐待といじめをなくしたいという思いで、多くの団体、市民が一つになりました。その後の「児童養護施設支援」につながる契機となったイベントです。

>>詳しくはこちらへ


◇オレンジリボン協力

児童虐待防止月間に先立って行われる「オレンジリボンたすきリレー」にYMCAスタッフ、児童養護施設の学生ボランティアが走っています。


◇ハッピーのたろんプロジェクト(募金報告)

児童虐待防止と児童養護施設の支援を行っています。

啓発事業などを通して募金活動も行います。

>>詳しくはこちらへ